月別アーカイブ: 2019年3月

自分が勤める会社での夏場インセンティブは

自分が勤める会社での夏場インセンティブは全体的に減ってしまいました。切ない事です。

当然私のインセンティブも減ってしまいました。
実にインセンティブがサプライされてから仕事の人となりは不平ばっかり漏らしてあり、お金が無いという口々に言っています。

私もお金が無いという事あるごとにつぶやいているのですが、自分はウェブページを運営してあり少なからずのギャラを得ています。
仕事はサイドジョブを禁止している結果、確申をしなくてもすむ周辺に収めておりますが、下がるインセンティブ当たりはきっちりと回収していて、皆が落胆して掛かる着こなしを見ておきながら、下がる分のインセンティブを集金できているために皆が落胆しておる着こなしを横目に自分は含み笑い。

確かにインセンティブが下がる要素に関するフラストレーションもありますが、WEBを運営している以上はインセンティブが下がろうが金が下がろうが収入を得られる結果、他の働き手が嘆いて要るところに私だけとんとん。そんな状況が何とも言えない思いに陥ります。

他の働き手が商売を終えて、遊んでいたり休んでいたりする時にも俺はWEBのアップデートを行っている結果、継続した収穫があるというものです。
まんこの毛の処理

うちには二人の子どもがいらっしゃる。大

うちには二人の子どもがいらっしゃる。
大きな声では言えないのですが、こういう子どもたちが私のお家芸だ。
二年齢不一致の姉妹で、現在は小学校だ。
本当は、こういう子どもたちが近所でも自慢のハンサムです。
各種お母さんたちから「○○姉妹」と呼ばれて、何かいらっしゃるごとにカッコイイって褒められていらっしゃる。
同年代の乙女たちからも「○○くんってカッコイイよね」って評価があり、ラブレターを毎日のようにもらってくる。
他のご近所の男子の母の前、各回「そんなこと弱いよ」と言っていますが、本当はなかなかハンサムですなぁと自分でも感じているんです。

もっと、旦那姉妹でありつつもガサツな所はなく、姉妹繋がりもとても良いのでそちらもお家芸だ。
世帯で唯一の婦人です自分には、二人両方手厚く接してくれるので、助かっています。
配達をめぐってもカートも押してくれますし、荷物も姉妹で手分けして運んで貰える。
まんこの匂いを抑えたい

果たしてとことんできた子どもですなと自分の子どもながらに思います。
絶えず、己たちには忘れず「有難う」を伝えるようにしています。